Edición Iman エディマン

鵺(ぬえ)の鳴く夜を正しく恐れるために〜書評と読者からの声(その2)

稲葉剛著『鵺(ぬえ)の鳴く夜を正しく恐れるために』書評と読者からの声ですが、おかげさまで「その2」に突入しました!
どうもありがとうございます!
ここでは掲載の許可を得たご感想と、雑誌などに掲載された書評などを随時アップデートしてお知らせしていきます。
また、読み終えた皆さまからのご感想を心よりお待ちしています。

http://edimantokyo.com/contact/

amazon.jp/4880084530

丸善&ジュンク堂ネットストア



『鵺(ぬえ)』は稲葉剛さんの情
前著『ハウジングプア』や『生活保護から考える』が稲葉さんの理の側面とすると、『鵺』は情だと思いました。時には煮えたぎるような、時には静かな水面にただよう光のような、さまざまな情。この本を得て初めて、情理兼ね備えた稲葉剛という得難い活動家の全貌が浮び上がったのではないでしょうか。

(池田香代子さん、翻訳家)


『サンデー毎日』(2015年2月15日号)内で紹介されました。
岡崎武志さんの「今週のイチオシ」で取り上げていただきました。
岡崎武志さん、どうもありがとうございました!
サンデー毎日



『第三文明』(2015年3月号)では、作家の雨宮処凛さんが激賞!
「雨宮処凛が見る世界」で「『路上死のない21世紀を!』という素朴な願い」と題して、じっくりとご紹介くださいました。
雨宮処凛さん、どうもありがとうございました!

雨宮さんは、1月に「のりこえねっとTV」において「貧困の現場から社会を考える」と題して、稲葉剛さんと「ぬえトーク」をしていただきました。
無料で視聴できます。こちらもぜひごらんください!

第三文明



『信濃毎日新聞』(2015年2月15日)の書評欄で紹介されました。
どうもありがとうございました!
追記:配信記事だったようで、ほかに『徳島新聞』『神戸新聞』『福島民友』『高知新聞』『下野新聞』にも同日書評が掲載されました。

150215_shinano